未分類

足の爪に大きな縦筋や横筋が目立つ意外な原因

小さいときは足の爪はいたって健康という感じで、

何もケアしなくても大丈夫でした。

しかし、十代後半ぐらいになってきたころから、

手の爪は何ともトラブルはなかったのですが、

だんだん足の爪に異常をきたすようになってきたのです。

 

特に感じたのは、爪が少し変形してきたり、分厚くなってしまったり、

色が黄色っぽいと感じるようになったことです。

一番トラブルが多かったのは親指の爪で、

調べてみるとやはり爪に関しては

親指が最も症状が出やすい指だということでした。

 

親指の爪に大きな縦筋や横筋が……

大人になってから頻繁に困るようになったのが、

爪に入る大きな縦筋や横筋です。

けっこう深く入っていたり、

爪の表面のでこぼこが目立つほどの溝になっていたりするので、

マニキュアで塗って隠したり、

目の粗いやすりででこぼこがなくなるまで削ったりしました。

 

しかし、マニキュアを塗ってしまうと爪が今どういう状態なのか

分かりづらくなりますし、やすりで削るときは

あまり爪が薄いと危ないので、デメリットもあります。

 

 

爪の生え変わりサイクルからトラブルの原因を探る

爪のトラブルの治療法をいろいろ調べているうちに、足の指の爪は、

手の爪のサイクルよりも遅くて一年くらいで生え変わると知りました。

ですから、爪の異常がどの部分に現れているか確認すると、

それがどのときに発生したものなのかが分かるというわけです。

 

栄養素が足りていないとか、そのときに大きなストレスがかかるような

何かをしていなかったかなど、爪の横筋の位置を見て大体推測できるので、

原因を特定するのに一つの目安になるのです。

 

 

私は自分なりに数々の爪トラブルの原因を探しつづけて、

やはり栄養不足と大きなストレスが

かかっていたせいだと思うようになりました。

 

大きな理由の一つに、頻繁にダイエットをしていたことがあります。

特に無理なダイエットを続けている方や、

何回もやっている方は爪に筋などが入りやすいと思います。

ちょうど必要な栄養が足りなかったときに、

爪にトラブルが起きてしまうということです。

 

 

それから、ストレスが足の親指の爪の健康に

大きく繋がっていると聞いたので、ストレスをためないように

きちんとリフレッシュをするよう心がけました。

食べ物などの栄養以外にも、精神的な問題が

爪の症状を引き起こすと知らない方も多いと思います。

 

私は食生活とストレスの対策の二つだけで、

随分と爪のトラブルが減少しました。

今ではマニキュアを塗らなくても気にならない程度にまで治っています。

やはり自分の生活を見直して、改善していくのが一番です。

Comments are closed.

Powered by: Wordpress