未分類

足の爪がはがれたまま放っておいた結果、命の危険が!

私は38歳の男性です。

5年ほど前のことですが、私は仕事中に不注意で

右足の小指の爪を職場の机に引っ掛けてしまって

小指の爪がはがれそうになるということがありました、

そのときはもちろん 飛び上がってしまいそうになるくらい痛かったので、

急いで靴下を脱いで見ると、右足の小指の夢が半分くらい

剥がれてしまっていて血が出てきていました。

 

やってしまったなと思いながらも、

まあこのくらいほっておけば直るだろうと気楽に考えていました。

爪がはがれそうになるということは初めてのことでもないですし、

多少の痛みさえ我慢してしまえば問題ないと考えていたのです。

 

 

小指をぶつけただけと気にもせず放っていた結果は

それから一週間くらいがたってふと気づくと、

右足の小指の爪の部分はどす黒く変色してきていました。

歩くと軽度の痛みがあったりなんかもしましたが

まあそういうものと考えさしたる治療もせず、正直またほっておきました。

 

するとだんだん時間がたつにつれ、痛みがひどくなっていくのです。

日によっては歩くにも支障が出るようになっていき、

小指自体が若干腫れているように感じていました。

 

 

傷口からばい菌でも入ったかなと考え、

消毒なんかもしてみましたが、さしたる効果もありません。

どうしようかなと考え出しましたが、基本的にのんきな私は

この時点でもさほど大事だとは感じていなかったのです。

 

爪が剥がれて1カ月。体は思わぬ状態になっていた!

そんなこんなで最初に爪がはがれかけてから

1ヶ月くらいがたったある日のこと、

仕事が終わりお風呂上りにゆっくりしていた私を見て妻が言いました。

「足のところ変な線が入ってるけど大丈夫?」と。

言われてみてみると、右足の先から付け根にかけて、

赤い線が数本走っていたのです。

 

 

これは一体なんだと怖くなった私は

次の休みに病院でも行こうかなと考え始めました。

そして次の日のことです。

職場でものすごく体がしんどくなってきたので、

風邪かなと思い熱を計ってみると、なんと体温は39度を超えていました。

 

解熱剤を飲んで自宅に帰り布団で寝ていたのですが、

丸一日たってもまったく効果は現れません。

というか気づけば体温は40度を越えてしまっていました。

さすがにあせった私は急いで救急で病院にいき診察をしてもらいました。

結果は右足小指の爪の部分から菌が入った感染症とのことでした。

 

 

病院の先生曰く、菌は足から体の上部に上がってきている状態で、

このまま頬って置いて心臓や頭に菌が回れば命の危険があるとのことで、

そのまま緊急入院でした。

危ないところで事なきを得ましたが、

たかが足の爪と高をくくると大変なことになるといい教訓になりました。

Comments are closed.

Powered by: Wordpress