未分類

裸足でウォーキングをしていただけで足の爪が剥がれやすく…

私の足の爪で何かおかしいと思ったのは

足の爪が全体的にもろくなったと感じた点でした。

では、実際にどういう具合に足の爪がおかしいと感じたかというと

それは爪を布団の布にひっかけただけで

簡単に剥がれてしまったという事がありました。

それも1度や2度ではなく何度も同じように

簡単に爪をひっかけただけで剥がれるという事がありました。

その時に私は足の爪に何か変な事が起きていないかと思って

爪の状態を見てみました。

 

 

すると明らかに爪におかしな兆候が出ている事に気づきました。

それは剥がれる直前の爪は剥がれる前にすでに異変が起きていて

爪が全体的に黒くなっていて

すでに血が通っていないような状態になっていました。

最初はどうして足の爪だけそういうおかしな事が起きて

足の爪が簡単に剥がれるのかさっぱりわかりませんでした。

ですが、しばらくしてそれまで私がしていた事を振り返って

なんで爪がそういう事になったか分かりました。

 

 

足の爪に負担をかけていた予想外の原因

それは私が足に爪に過重な負担をかけている事が

原因というのが分かりました。

なぜなら足の爪に異変が起きる前には

決まって私はいつも裸足で家の中でウォ―キングをやって

ダイエットをしていたからでした。

 

その時に足の爪に体重がかかるような運動の仕方をせずに

運動をやってダイエットをしていれば足の爪に異変も起きないと

後になって 分かりました。

実際にその運動をやめてから

足の爪に何か異変が起きるという事もなくなりました。

 

確かにその時に私がやっていた運動というのは

毎日90分も裸足で歩いてその体重が

爪にものすごい負担をかけていました。

ですが、最初はそんな事くらいで足の爪に異変が起きるとは

全く思ってなかったのでかなり驚きました。

 

ですが、実際にそれだけ毎日運動をやって

足の爪にもろに負担があったのでよく考えたら

そうなるのも仕方ないと思いました。

それが分かってから私はもう家の中で裸足でウォ―キングを

90分も毎日やるのはやめました。

 

 

ウォーキングを長時間しなくなったら改善した

それで足の爪が黒くなって

血が通ってないような状態になる事もなくなりました。

またそれ以降少しの衝撃で足の爪が剥がれるような事もなくなりました。

 

なので私の足の爪がそれ以降変な事になる事もなくなって

本当に良かったです。

おそらくそれ以降もずっと同じような事をして

爪に負担をかけていたらまた爪が黒くなって

脆くなってまた少しの衝撃で足の爪が剥げていたと思います。

でも実際はもうその運動はやめて

足の爪に負担がかからないようにしたので

足の爪が剥がれる事もなくなって良かったです。

女性 36歳

Comments are closed.

Powered by: Wordpress